ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

ブロ-チカッタ引抜力の計算方法

  • Linkedin

被削物をインタ-ナルブロ-チで加工する場合の引抜力の計算式を紹介します。
計算された引抜力を基準として加工するブロ-チ盤の容量を決めます。

所要引抜力、Fの計算

  • F = f × n × Q  (kgf)
  • f : 被切削抵抗         (kgf/mm2)
    n : 同時切削刃数        (枚)
    Q : 切刃一枚に対する切削総面積 (mm2)
  • 〇被切削抵抗 fの値

    被切削抵抗 f (kgf/mm2)
    硬度 HRC30まで 300
    HRC30~HRC35まで 350
    HRC35~HRC40まで 400
    可鍛鋳鉄 200
    鋳鉄・青銅・アルミニウム 100
  • 〇同時切削刃数 nの計算

    n = ℓ / P  (枚)
    計算された数値は全て切上げて整数とします

    ℓ : ワークの厚み       (mm)
    P : ブローチ刃のピッチ    (mm)

〇切刃一枚の切削総面積 Qの計算

d : ブロ-チの外径       (mm)
t : 切刃一枚の切削幅      (mm)
m : スプラインの条数      (条)
a : ブロ-チ一刃当たりの取り代 (mm)

所要引抜力、Fの計算例

次のワ-クをインタ-ナルブロ-チ(丸穴)加工する場合の引抜力を上記の式により計算してみます。

  • ①被切削抵抗:f
     f=300kgf/mm2とします
    ②同時切込数:n
     ブロ-チ刃のピッチp=9.5mmとしますと
     n=ℓ/p=40/9.5=4.2 → 5枚
    ③切刃一枚の切削総面積:Q
     ブロ-チ一刃当たりの取り代
     a=0.02mmとしますと
     Q=π×d×a=3.14×50×0.02=3.142mm2
    所要引抜力Fは
     F=f×n×Q=300×5×3.142=4712(kgf)で約46.2kNとなり50kN以上の引抜能力が必要で、ある程度の余裕も見て、75kN以上の能力をもつブロ-チ盤を選択することを勧めます。

印刷用:切削工具ニュース 「ブロ-チカッタ引抜力の計算方法」(PDF/707KB)

製品ページ

関連ページ