ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

レトロフィット・オーバーホール

お客様に工作機械を長くお使いいただけるよう、レトロフィット・オーバーホール(修理)・移設工事の対応をしています。

使い慣れた工作機械の機能を強化したいとお考えの際は、お気軽に最寄の営業拠点にご連絡ください。納入機はもとより、他社製工作機械についてもご相談をお受けいたします。

レトロフィットとは?

お客様保有の工作機械の一部機能を設計変更し、機能改造、リプレース(部品更新)を行い、機能、性能、生産性、品質、保守性等を向上させる工事です。

生産中止部品の故障による機械の長期間停止を未然に防ぐために、最新ユニットへの更新工事を含みます。

工事メニューによっては省エネ・環境負荷低減にも寄与します。

オーバーホールとは?

お客様保有の工作機械の補修・リプレース(部品交換)を行い、機能、性能、生産性、品質、保守性等を復元、場合によっては向上させる工事です。

レトロフィット・オーバーホールのメニューは多岐にわたりますので、お客様の機械にあわせてご提案いたします。

レトロフィット、オーバーホールの効果およびメリット

当社製の機械については製造元メーカとして自信をもって蘇らせます。

他社製の機械についても最先端の大形工作機械技術をもって再生します。

「機械をリフレッシュしたいが、機械に手を加えた後が心配」 との声もありますが、ご心配無用です。

工作機械メーカとして責任をもって機械を再生します。

  • 保守サービスカルテ(機械の修理・改造履歴)を利用した診断で、対応範囲を的確に把握し、適切なレトロフィット・オーバーホール・移設工事をご提案します。
  • 当社製の機械については保有する製造時の図面により、必要な部品精度が把握できます。
  • 当社製の機械については嵌め合い部品など図面管理の厳しい部品にも適切に対応できます。
  • 工作機械メーカとして蓄積した技術を活かし、最新の機械の改善事例を反映することができます。
  • 今後のサービス対応もカルテの継続更新で円滑に行います。
  • レトロフィット・オーバーホール工事では必要な部分のみ工事を行いますので費用を抑えることができます。
  • レトロフィット・オーバーホールでは工場の基礎、ピット等を流用できますので、機械本体以外にかかる設備費用を最小限に抑えることができます。

レトロフィット、オーバーホールの主なメニュー

お客様の工作機械の状況・症状を把握し、機能アップのご要望に対するさまざまなメニューをご用意しています。

レトロフィット、オーバーホールのメニュー紹介

機械の状況・症状・ご要望工事例
電装品の劣化NC装置の更新、稼動部配線更新、ATCマガジンモータのサーボモータ化
保守部品生産打ち切りDC主軸モータ、及びコントローラのAC化
AC主軸コントローラ(モータ)の更新
シーケンサ更新
油圧・空圧・潤滑装置の劣化油圧系オーバーホール、機器の更新
送り系劣化・ガタ送り摺動面のオーバーホール、送り駆動系を最新送り系への更新
主軸・テーパ部・軸受部の劣化主軸テーパ部セルフ研削、部品交換
機械精度の劣化精度調整、精密位置検出器(位置決めスケール)の追加
部品精度管理(機能追加)計測機能追加、予備工具交換機能追加、収納工具本数増加改造
加工機能増強クーラント・微少ミストクーラントの追加、主軸アタッチメントの追加

改善事例

改善事例1 NC更新

改善事例1 NC更新

改善事例2 三菱フライス中ぐり複合工作機 MAF200/135 (当社製)

  • 汎用機(手動機)を、制御機にレトロフィット(FANUC社製NC搭載)
  • コラム摺動面オーバーホール
  • 主軸ツールロックキング部オーバーホール
  • MQL(微少ミストクーラント)追加
  • 主軸テーパ部研磨再生
  • 主軸モータ連結部のオーバーホール
改善事例2 三菱フライス中ぐり複合工作機 MAF200/135 (当社製)

レトロフィット・オーバーホール(修理)・移設工事のお問い合わせはこちらから

お問い合わせ:マーケティング・営業推進部