ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

「DED方式金属3Dプリンターの開発」 第49回日本産業技術大賞 審査委員会特別賞を受賞

  • Linkedin
LAMDA

この度、「DED方式金属3Dプリンターの開発」 が、第49回日本産業技術大賞 審査委員会特別賞を受賞いたしました。
同賞は日本の産業社会の発展に貢献した技術成果を毎年選定し、開発・実用化した企業やグループを表彰するものです。

今回の受賞は、当社の「DED方式3次元金属造形システム LAMDA」が世界最高レベルの造形速度500cc/hを達成し、また造形品質安定化を実現する2つの新技術「モニタリングフィードバック機能」と「ローカルシールド機能」を世界に先駆けて開発・実用化したことが評価されたものです。

パウダDED方式3次元金属積層造形機 LAMDAの詳細はこちら