ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

マシンツールフェア レポート

  • Linkedin

7月25日から26日の2日間、マシンツールフェアを開催いたしましたので、その一部内容をお伝えします。
多数のご来場、ありがとうございました。

技術セミナー

7月25日(木)

講師 : 三菱重工業株式会社 防衛・宇宙セグメント
フェローアドバイザー 二村 幸基 様

ロケットの開発とモノづくりについて

セミナー 07/25
セミナー 07/25

7月26日(金)

講師 :
地方独立行政法人 大阪産業技術研究所
和泉センター 加工成形研究部
特殊加工研究室長 博士(工学) 中本貴之 様

金属積層造形装置の活用による高付加価値ものづくり

セミナー 07/26
セミナー 07/26

パウダDED方式金属積層造形機 LAMDA

LAMDAは、独自にレーザーフォーカスを最適化したパウダDEDヘッドで、高能率・高精度積層を行います。マシンツールフェアでは、当社独自の2つの機能について、ご紹介しました。
まず、溶融状態をリアルタイムで監視し、造形パラメータにフィードバックすることで最適な造形を維持・コントロールする「モニタリングフィードバック機能」です。これにより造形を安定化し、大型構造物の3D金属造形を実現します。
次に、金属溶融時の大気の巻き込みをシールドガスにより防止する「ローカルシールド機能」です。これにより、従来は密閉されたチャンバ内で造形する必要があった金属積層を、チャンバの制約から解放することが可能になります。
デモ動作では「モニタリングフィードバック機能」を使った造形を行い、実際のモニタリング状況をディスプレイでご覧頂きました。

パウダDED方式金属積層造形機 LAMDA
パウダDED方式金属積層造形機 LAMDA

小型精密加工機 μV1 / 精密加工機μV5

μV1, μV5は、機械剛性を高めた構造、主軸の冷却・潤滑システム、環境温度変化の影響を受けにくくするサーモスタビライザーなどに特長がある精密加工機です。
μV1では、お客様からご好評を頂いている「撮像式工具測定システム」の動作をご覧いただきました。主軸回転状態でも正確な工具測定を行うことができ、かつ変位が安定したことを自動的に判定する機能を備えています。
μV5では、φ20高送り工具での高能率荒加工を実演しました。かつ、展示パネルではR0.3ボールエンドミルによる仕上加工もご紹介し、幅広い工具径を扱える機械であることをご実感いただきました。

小型精密加工機 μV1
小型精密加工機 μV1
精密加工機 μV5
精密加工機 μV5

門形五面加工機 MVR・Ex

MVR・Exは、主軸内部冷却サーモスタビライザで熱変位を抑制した高精度な構造が特長です。かつ高剛性でラム突き出し時の加工に強く、様々な部品加工を高能率に行うことができます。
マシンツールフェアでは、①φ160 切込5mmのフライス加工、②ライトアングルヘッドによるパワフルなM64タップ加工、③金型などの奥深い立壁の壁面加工をイメージした、φ63 プランジ加工を実演しました。

門形五面加工機 MVR・Ex
門形五面加工機 MVR・Ex

大形高精度加工機 MVR・Fx

MVR・Fxは、大形金型における段差ゼロ・形状誤差ゼロ・手仕上ゼロに挑戦する機械として、開発しました。大形機でありながら、サブミクロンの制御で高精度な加工を行います。
マシンツールフェアでは、工具交換や割出角度を変化させて加工しても、加工域境界の段差が抑えられる“割出5軸ヘッド(ユニバーサルヘッド)”と工具測定システム“Visionplus Tool”の動作を実演。また、プレス金型サンプルプラスチック成形金型サンプル、大形機ながらR0.5の小径工具を使用し深いリブ溝を加工したサンプルなどを展示し、多様な金型加工にお役立て頂けることをご実感いただきました。

大形高精度加工機 MVR・Fx
大形高精度加工機 MVR・Fx

テーブル型横中ぐりフライス盤 MAF-EⅡ

MAF-EⅡは、熱変形の抑制により高い加工精度の安定性、および生産性を追及した機械です。
長時間の連続運転で熱変位による加工精度が低下するのを防ぐため、温度変化による変形を防ぐ「サーモスタビライザコラム」、ならびに主軸冷却機構を強化した主軸ユニットを採用。これらの効果により、ボーリング加工での主軸先端変位が極小に抑えられ、また、反転ボーリング加工時の同心度を高められます。併せて、主軸の高出力・高トルク化により生産性を向上。機械の剛性を高めるため、本体素材には鋳物を採用し、コラムは加工反力による曲げ・ねじりに耐えられるよう、2重壁構造としました。
弊社機械加工部門でMAF-EⅡを実際の生産に使用しており、マシンツールフェアではその様子をご覧いただきました。

テーブル型横中ぐりフライス盤 MAF-EⅡ
テーブル型横中ぐりフライス盤 MAF-EⅡ

工作機械のモニタリングシステム DIASCOPE

DIASCOPEは工作機械の知能化・自律化・最適化を実現し、お客様のバリューチェーン全体における生産活動の最適化をサポートするIoTプラットフォームです。
マシンツールフェアではMVRExでご利用いただける各種機能についてご紹介しました。「稼動モニタリング」により機械を監視し稼動状況を自動集計することはもちろん、更に「設備ヘルスモニタリング」により、機械の状態を「診断・予測」することが可能となります。

工作機械のモニタリングシステム DIASCOPE
工作機械のモニタリングシステム DIASCOPE

協賛