ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

JIMTOF2018 レポート

  • Linkedin

JIMTOF2018 レポート 11月1日から6日の6日間、東京ビッグサイトで開催されました第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)に出展しましたので、その一部内容をお伝えします。多数のご来場、誠にありがとうございました。

出展製品紹介

歯車研削盤 ZE16C

歯車研削盤 ZE16C/26C ZE16C/26Cは、自動車やロボット用減速機分野での高精度歯車の需要に応え、量産能力を高めた研削盤です。
JIMTOF2018へご来場のお客様には、プレゼンテーションで下記3つの「ゼロへの挑戦」についてご紹介するとともに、ZE16C実機で、その加工能率や作業性の高さを実感していただきました。

歯車研削盤 ZE16C/26C お問い合わせ

ZE16C/26C 3つの「ゼロへの挑戦」

①歯面のうねりゼロ

  • 新構造の砥石軸を採用し、静剛性を50%・動剛性を35%改善(従来比)。
    当社製リニアスケールを標準搭載し、長時間精度安定を追求。
    これにより歯形精度JIS N1級、歯すじ精度JIS N0級を実現。
  • 砥石幅を最大160mmに拡張し、標準砥石とポリッシュ砥石の
    同時装着を可能に。
    これにより面粗度Rz0.4μmを実現。
    標準砥石のみを使用する場合も、交換頻度の削減に効果あり。

②加工のムダ時間ゼロ

  • 砥石軸とテーブル回転速度、歯合わせ機構とリングローダを高速化。
    非加工時間6.0秒を実現(丸物ワークでの実績)。
  • オペレータ画面では、歯すじ・歯形・バイアスなどを視覚的に修正でき、操作をよりスムーズに。
  • ガントリーローダーやストッカーなどを装着し、自動化ラインにも対応可能。

①ダウンタイムゼロ

  • モニタリングシステム「DIASCOPE」により稼動モニタリング・設備ヘルス診断を行い、ダウンタイム削減に貢献。

また、業界に先駆け、水溶性クーラント対応をオプションメニューに採用。環境・省エネにも配慮し、注目を集めています。

歯車研削盤 ZE16C/26C

大形高精度加工機 MVR・Fx

MVR・Fxは、大形金型における段差ゼロ・形状誤差ゼロ・手仕上ゼロに挑戦する機械として、開発しました。大形機でありながら、サブミクロンの制御で高精度な加工を実現し、お客様からのご評価を頂いています。

JIMTOF2018では、更なる進化の形として、“割出5軸ヘッド(ユニバーサルヘッド)”と工具測定システム“Visionplus Tool”の組み合せをご提案。プレゼンテーションの中で、動作の様子をご覧いただきました。

ご来場のお客様に特にご興味をお持ちいただいたのは、自動車バンパー向けプラスチック成形金型のサンプルです。フォグランプ付近の加工を行う際に、MVR・Fx標準のタテ方向のヘッドと割出5軸ヘッドとの交換を行っていますが、その境界部分の段差は7μmに抑えられています。

大形高精度加工機 MVR・Fx
大形高精度加工機 MVR・Fx
大形高精度加工機 MVR・Fx お問い合わせ

この段差の少なさは、割出5軸ヘッドに組み込まれた主軸内部冷却が熱変位を安定させていること、かつVisionplus Toolを使用して、正確な工具切削点を把握することにより実現しました。段差のない加工は、後工程の「手仕上げ」に掛かる時間を削減。これにより、金型製造の生産性を向上します。

大形高精度加工機 MVR・Fx

精密位置検出器 MP Scale

様々な工作機械・産業機械分野で活用されているMP Scale。JIMTOF2018では、下記の3シリーズを展示し、それぞれの特長をご実感いただきました。

  • 高精度絶対値リニアMPスケール MPLZシリーズ
    油汚れ・ほこり・結露の影響を受けずに位置検出ができる、優れた耐環境性。非接触式で、高精度での検出が長持ち。
  • 絶対値ロータリMPスケール MPZAシリーズ
    厚さ20mmのコンパクトさで、高精度(2秒)かつ高分解能(29bit)。全面検出により、傾斜軸の偏芯にも負けない高い繰り返し精度を実現。
  • 産業用リニアスケール MPLINシリーズ
    素早い動きへの順応が求められるFA分野。優れた耐環境性はそのままに、1,800m/minの高速対応。
精密位置検出器 MP Scale
精密位置検出器MP Scale お問い合わせ
精密位置検出器 MP Scale

工作機械のモニタリングシステム DIASCOPE

工作機械のモニタリングシステム DIASCOPE DIASCOPEは工作機械の知能化・自律化・最適化を実現し、お客様のバリューチェーン全体における生産活動の最適化をサポートするIoTプラットフォームです。
JIMTOF2018では、ブース内のZE16C、MVR・Fx、当社栗東工場のMVR・Exをモニタリング。タブレット端末で、実際の稼働状況確認画面をご覧いただきました。
プレゼンテーションでは、導入具体例をご紹介しました。機械の細かな稼働状況・工程進捗をリアルタイムで把握できず問題を抱えていたお客様が、DIASCOPEを導入・活用され、進捗管理を可視化。製造納期の短縮を加速させています。

DIASCOPE お問い合わせ
工作機械のモニタリングシステム DIASCOPE

精密切削工具 GRANMETシリーズ MightyShieldシリーズ

JIMTOF2018では、新開発の材料、コーティングを発表しました。

  • ホブ新材料 GRANMET SF
    耐久性を極めた最高峰の金属
    耐熱性(高温硬さ) 、耐摩耗性に優れた新素材。
    クレータ摩耗対策に効果絶大。超硬ホブ並の切削速度300m/min以上の高能率加工に対応。
  • 新コーティング MightyShield Σ
    切削刃を守る万能の盾
    耐摩耗性に優れた高硬度コーティング(Hv4,000)を採用し、寿命アップを実現。幅広い加工領域(ハイスホブ、超硬ホブ)に対応。
    ドライ加工&ウェット加工、どんな切削環境でも性能を発揮。
精密切削工具 GRANMETシリーズ MightyShieldシリーズ
精密切削工具 GRANMETシリーズ MightyShieldシリーズ お問い合わせ

切削工具ニュースでは、加工事例のデータを掲載しています。併せてご覧ください。

精密位置検出器 MP Scale