ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

JIMTOF2018出展に係るお知らせ

  • Linkedin

「JIMTOF 2018」に大形高精度加工機や新開発の歯車研削盤を出展
高付加価値製造現場を支える高精度加工をアピール

  • ◆ “高精度仕上げ加工を通じて豊かな社会に貢献” をテーマに
  • ◆ 高精度な仕上げ加工機とIoT技術を用いた工作機械のモニタリングシステム
    「DIASCOPE」を紹介
  • ◆ 11月1~6日に東京・ビッグサイトで開催

三菱重工グループの三菱重工工作機械株式会社(社長:岩﨑 啓一郎、本社:滋賀県栗東市)は、11月1日(木)から同6日(火)まで東京・有明の東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF 2018 第29回 日本国際工作機械見本市」に、“高精度仕上げ加工を通じて豊かな社会に貢献”というテーマを掲げて出展します。大形高精度加工機や新開発の歯車研削盤、それらに採用した独自技術、ならびにIoT(モノのインターネット)を活用したモニタリングシステムなどを紹介。これからの高付加価値製造現場を支えていく高精度加工が、より豊かな社会の発展へと貢献していくことをアピールします。

主な展示内容は次の通りです。

①大形高精度加工機「MVR30Fx」 <実機展示、デモ実施>
“ゼロへの挑戦 ~段差ゼロ、形状誤差ゼロ、手仕上げゼロ~”をコンセプトに、金型加工用として機械本体構造や制御方法を抜本的に見直し開発。本体を「高剛性シンメトリカル構造」とするとともに、外気温の変化による変形を抑制する「サーモスタビライザ」を採用。また、送り駆動系のサーボモーターをボールネジの両端に直結させ、運動性能を高めています。これら機構により、加工時の熱変位や動作補正をサーボモーター調整に依存することなく、高精度かつ高品位に仕上げることができます。さらには、主軸は自動交換可能なアタッチメント式で、加工内容に応じて角度固定式標準主軸のエクステンションヘッドか、1°(角度)ごとに二軸割り出しができる割出5軸ヘッドかを選ぶことが可能です。
―MVR・Fx割出5軸ヘッド(ユニバーサルヘッド)の技術―
新開発の割出5軸ヘッドは、アタッチメント式のヘッドとして初めて、主軸内外冷却と特殊ジェット潤滑を採用したことにより発熱部を効率よく冷却でき、どの回転数でも熱変位は10分以内で1μmまで安定します。NC補正を使わず熱変位を低減させるため、割り出し角度や加工条件によらず、何度でも再現できる安定性を発揮します。また、軸受を内外輪から冷却することで、軸受内の初期予圧を高く設定でき、低速回転から高速回転まで剛性を確保しています。さらに割出5軸ヘッドに対応した独自の工具測定システムVisionplus Toolと組み合わせることで、オペレーターのスキルに頼ることなく刃先位置を測定でき、熟練者のノウハウなく高精度な加工を実現できます。

②歯車研削盤「ZE16C」 <実機展示、デモ実施>
自動車用トランスミッションなどの歯車機構における静粛性および伝達効率の向上、伝達誤差低減に向けたニーズを受け、ねじ状砥石を用いた生産性の高い連続創成研削※加工法を採用した歯車研削盤を更に進化させました。既存機(ZE-Bシリーズ)に比べ砥石軸の静剛性を50%、動剛性を35%アップすると同時に、ワークテーブルに対し被削ワーク(歯車)高さをより低い位置に配置する事によってより安定した高精度加工を実現しました。また、新開発の門型カウンターコラムと、ワークチェンジャ、高速歯合わせ装置の組み合わせにより、非加工時間を約半分までに短縮し、生産性の向上に貢献します。さらに、IoT技術を用いた「DIASCOPE」により、リモートモニタリングや稼動監視など、生産状況の見える化なども実現し、高品位歯車の量産、単位生産コスト低減に貢献しています。
―歯車研削加工技術―
新開発のZE16Cは、軸受配置を改善した高剛性砥石軸等の採用により加工面精度向上を実現しました。ビルトインモーター搭載の砥石軸は、毎分6,000回転から同8,000回転に高速化したほか、新歯合わせ方式により非加工時間6秒(丸物ワーク)を実現しました。また、歯車研削加工の加工精度と生産性を高めただけでなく、省スペース化や当社が業界に先駆け実用化した歯車研削加工への水溶性クーラントの採用など、ユーザの環境対応へのニーズにも応えています。

③IoT技術を駆使したモニタリングシステム「DIASCOPE」
独自開発のIoTプラットフォーム「DIASCOPE」は、工作機械メーカとして蓄積した設備機械や加工に関するノウハウをIoT技術と融合し、工作機械の知能化・自律化・最適化を実現し、お客様のバリューチェーン全体における生産活動の最適化をサポートします。
展示会場では、クラウドサーバーを介して、ブースに展示した機械の状態を常時見守り、それらの状況をウェブブラウザに表示しながら、詳細な説明を行います。
その他に、精密切削工具、精密位置検出器(MPスケール)なども展示し、付加価値の高い製品・サービスでお客様の製造現場を支える三菱重工工作機械をアピールします。
※歯溝の形(凹凸密着)に仕上げた成形砥石を往復運動で使う一般的研削法に対して、インボリュート歯形の創成と同じ原理でねじ状の砥石を回転させながら歯溝に接触させて連続的に高速研削します。

大形高精度加工機「MVR30Fx」
歯車研削盤「ZE16C」
IoTモニタリングシステム「DIASCOPE」