ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

大形高精度加工機「MVR・Fx」
第47回『機械工業デザイン賞 審査委員会特別賞』を受賞

  • Linkedin

大形高精度加工機「MVR・Fx」 第47回『機械工業デザイン賞 審査委員会特別賞』を受賞

この度、大形高精度加工機「MVR・Fx」 が、日刊工業新聞社主催の第47回『機械工業デザイン賞 審査委員会特別賞』を受賞いたしました。
機械工業デザイン賞は機械分野の製品の中で、優れた機能美と性能を併せ持つものを、外部の有識者による審査委員会が選定して表彰するものです。

MVR・Fxは、本体を「高剛性シンメトリカル構造」とするとともに、外気温の変化による変形を抑制する「サーモスタビライザ」を採用。また、主軸には冷却油を主軸内部まで通して直接冷却する「主軸内部冷却機構」を採用して、高速回転時(2万回転/分)の温度変化や回転ぶれを抑制しています。さらに、送り駆動系においては、運動性能向上のため、サーボモーターをボールネジの両端に直結させる「ゼロギャップドライブシステム(Zero Gap Drive System)」を搭載しました。
機械デザイン面では、オペレータや環境に優しい工場をつくる ”ファクトリーフレンドリー” をコンセプトに設計。安全、環境に配慮したフルカバー、機械左右からアクセスできる大きな開口部、メンテナンス性を向上した機器集中パネルなどを採用しました。
これらの機能、デザインが評価され受賞いたしました。

大形高精度加工機MVR・Fxシリーズ の詳細はこちら