ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOMEニュース/新着情報JIMTOF出展に係るお知らせ

ページの本文です。

JIMTOF出展に係るお知らせ

2016年11月1日 発行

タブレット端末で遠隔操作できる三次元の金属造形も可能なレーザー加工機
プロトタイプモデルを開発しJIMTOF2016に参考出品

 三菱重工工作機械株式会社(社長:白尾 誠二、本社:滋賀県栗東市)は、新たなコンセプトの三次元(3D)金属造形システム「⊿WORKS concept(デルタ・ワークス・コンセプト)」を開発しました。同社はオープンイノベーションの取り組みを加速しており、慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ(代表:田中浩也 環境情報学部教授)との共同研究によりデルタフレーム構造とその制御技術について開発を進めてきたもので、11月17日(木)に東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する「JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市」にプロトタイプモデルを出品し、デジタルファブリケーション※をはじめ幅広い用途への適用の可能性を探っていきます。

 ⊿WORKS conceptのプロトタイプモデルは、幅約2m、高さ約2.3mの三角柱状の基本構造を有し、3ヵ所の柱を上下するアクチュエーターで支持されているレーザーヘッドが三次元に動くことで加工を行います。レーザーヘッドを他の機器と交換すれば、造形のほか溶接や加工といった種々の用途に適用することも可能です。また、ベッドやコラムといった重量構造物がなく、軽量、コンパクトな構成なため、可搬性が高く、一般事務所や仮設現場などの多様な使用環境に対応できます。制御にはオープンソースを活用して、制御装置にも汎用CPUを使用しており、操作はすべてWi-Fiで接続されたタブレット端末を通じて行い、クラウド上の3Dモデルをダウンロードしてタブレット端末で操作するだけで造形することができます。

 JIMTOF2016の展示会場では、3D金属造形について実演を予定しています。デジタルファブリケーションへの適用を想定し、使用環境の多様さやデジタル情報から直接物を創り出すコンセプトをアピールします。

※ レーザー加工機や3Dプリンターなどコンピューターと接続されたデジタル工作機械を使い、多様な素材を成形する技術。

⊿WORKS conceptのプロトタイプモデル

⊿WORKS conceptのプロトタイプモデル

基本構造図

基本構造図

問い合わせ先:企画グループ 電話:077-551-3471
メールでのお問い合わせ(三菱重工ウェブサイトにリンクします)

以 上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る