ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOME製品情報レーザー装置ファイバーレーザー溶接ヘッド

ページの本文です。

ファイバーレーザー溶接ヘッドお問い合わせ

独自のアーク&レーザー ハイブリッド溶接技術により、新次元の溶接品質を実現。

ファイバーレーザー切断ヘッド

肉盛りが可能な『アーク溶接』と、高速で歪みの少ない『レーザー溶接』の2つの利点を併せ持つ、三菱独自のアーク&レーザー ハイブリッド溶接ヘッド。
従来の溶接技術では困難であった自由方向の溶接を可能とし、十分な溶け込みを得ながら、高速かつ安定した肉盛り溶接を実現しました。

アーク溶接とレーザー溶接 2つの利点をこの1台で実現

切断能力比較図
  • 当社独自のアーク&レーザー同軸化技術により、両方のメリットを併せ持った加工を1台で可能とし、お客様の加工能率向上に貢献します。
  • アークがレーザー照射部を溶融するため、多少のギャップがあっても十分な溶接ビードが得られ、溶接時の開先要求精度を緩和できます。
  • レーザーにより形成されるキーホールにアークが集中し入熱が大きくなるため、レーザー単独に比べ深い溶け込みで溶接加工できます。

アーク&レーザー同軸化により自由方向の肉盛りが可能

アークが横入れで供給される一般的な方式だと一定方向への肉盛りしかできません。
しかし、当社の溶接ヘッドはレーザー光と同じ中心軸からアークを供給するため、アーク供給方向に依存しない3次元の自由軌道で肉盛りすることが可能です。

光源はすべてファイバーレーザーを採用

溶接品質、スピード、コスト等従来の溶接技術の課題を解決するファイバーレーザーを採用。

  • 連続発振による連続照射で溶接ビードが滑らか、綺麗。
  • 突合せ溶接でも”す”の発生が少なく液漏れに強い。
  • レーザーのスポット径が小さく集光密度が高いため、溶接歪みが少ない。
  • プロセスモニタリング、シームトラッキングなどのオプション機能により溶接状況に合わせて正確に溶接することが可能。

スペック

※各ヘッドは発信器とのセット販売です。

TIG-YAGハイブリッド溶接ヘッド

本体仕様
ヘッドサイズ 560mm×φ90mm
質量 6kg
焦点距離 165mm
使用出力 ~6kW
集光倍率 1.0倍
特長 GAP裕度の向上、溶接速度アップ可能
低歪み溶接(従来のTIG溶接比)
主な適用先例 亜鉛めっき鋼板溶接
非鉄系材の溶接 (Al/Cu/Ti) など
TIG-YAGハイブリッド溶接ヘッド

MIG-YAGハイブリッド溶接ヘッド

本体仕様
ヘッドサイズ 465mm×φ100mm
質量 5kg
焦点距離 190mm
使用出力 ~6kW
集光倍率 1.7倍
特長 GAP裕度の向上、溶接速度アップ可能
低歪み溶接 (従来のMIG溶接比)
主な適用先例 厚物構造物
アルミの高速溶接 など
MIG-YAGハイブリッド溶接ヘッド

レーザー溶接ヘッド

本体仕様
ヘッドサイズ 580mm×φ90mm
質量 14kg
焦点距離 250mm/300mm/350mm
使用出力 ~最大20kW
集光倍率 1.5倍
特長 高出力に対応したヘッド構造
焦点距離変動を抑制し、より安定した溶接品質を実現
長焦点深度により厚板溶接が可能
主な適用先例 高出力(~20kW)厚板溶接
ステンレス材の低歪み溶接 など
レーザー溶接ヘッド

同軸レーザーブレージングヘッド

本体仕様
ヘッドサイズ 470mm×φ110mm
質量 5kg
焦点距離 140mm
使用出力 ~6kW
集光倍率 1.3倍
特長 レーザーとワイヤの同軸化により3次元溶接が可能
狭隘部まで浸透性の良いろう付けを実現
主な適用先例 シール接合(自動車トランクリッド等) など
同軸レーザーブレージングヘッド

発信器

発信器仕様
出力
(kW)
型式
(IPG社製)
QBHコネクター
(HLC-8)
ファイバーカプラー
(内蔵型)
1.0 YLS-1000-CT 標準付属 標準付属
1.5 YLS-1500-CT
2.0 YLS-2000-CT
3.0 YLS-3000-CT
4.0 YLS-4000-CT
5.0 YLS-5000-CT
6.0 YLS-6000-CT
7.0 YLS-7000-CT
8.0 YLS-8000-CT
10.0 YLS-10000-CT

お問い合わせ

お問い合わせ窓口:営業戦略業務部 電話:077-501-3822

ページのトップへ戻る